長期優良住宅についてPrime
residential

欧倫ホームの注文住宅は長期優良住宅の性能基準以上を標準としています。

欧倫ホームでは、高性能でかっこいい家を目指しており、
標準的なプランであれば長期優良住宅の認定を受けることが出来ます。

長期優良住宅の性能基準
(一般的な戸建住宅の場合)

構造躯体等の劣化対策

数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。
・通常想定される維持管理条件下で、構造躯体の使用継続期間が少なくとも100年程度となる措置をとること。

耐震性

極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。

維持管理・更新の容易性

構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること。

省エネルギー対策

必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。

居住環境

良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。

住戸面積

良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。

上記の性能を確保した上で、「維持保全計画」の策定が必要となります。
(建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。)

  • ・長期優良住宅の認定を受ける場合には別途申請が必要となりますが、申請はオプションとなります。
  • ・ご希望される間取りによっては長期優良住宅の適合が受けられない場合があります。ご希望される場合は事前にご相談ください。

「高性能」で「かっこいい」家づくりのために

#