NON-TWIST工法NON
TWIST

木材の欠点を克服する
⼯法へのこだわり

旧来から⽊造住宅⽤の柱材に使われてきたのは、原⽊から伐採した⾃然の無垢材。
しかし無垢材は粘り強い反⾯、天然素材特有の収縮作⽤が発⽣するため、
乾燥による割れや反り、ねじれが起こりやすいという⽋点がありました。
そのため無垢材を使⽤する際、柱の縦⼀⾯に深い切り溝を⼊れ、ねじれを分散される「背割⼯法」が⽤いられてきました。
しかし施⼯後に切り溝を⼊れた⾯が開き、壁が押し出されクロスに⻲裂が⼊るなど、構造物に悪影響を及ぼすこともあり、
近年では⽊材を接着剤などで固めて強度を⾼めた集成材が急速に普及。
その集成材も化学物質過敏症や焼却時に有害物質発⽣の恐れがあり、また処分コストが⼤きいことも課題となっています。

柱には無垢の桧(ひのき)材を使⽤

欧倫ホームの家は「ウレタン吹き付け断熱」の標準採用で「高性能な家」実現。
欧倫ホームZEHの家では、その「高性能な家」に+αの設備・仕様の増設により、さらにハイスペックな家を実現することが可能となります。
さらに、欧倫ホームのZEHの家では、デザイン性を損なうことなく、「未来までずっとかっこいい」家の実現を目指しております。

柱には無垢の桧(ひのき)材を使⽤

構造材は⼤きく 2 種類に分かれます。「無垢材」と「集成材」です。無垢材とは 1 本の丸太をそのまま⾓材に加⼯したもので、集成材とは、板材を貼り合わせて⾓材に加⼯したものです。欧倫ホームでは無垢の桧材を使⽤しておりますが、その理由は⽊が本来持つ特性・桧材が持つ特性を⼗分に⽣かせると考えるからです。

無垢材 集成材

NON-TWIST(四⾯背割り)⼯法

NON-TWIST(四⾯背割り)⼯法

欧倫ホームが岩崎⽊材と共同開発した
「NON-TWIST ⼯法」

無垢材は⾃然乾燥によって収縮を起こします。
この⼒を逃がすことが出来ずに引き起こされるねじれや不⽤意な割れは⽊造建築にとって⻑く悩みでした。これを改善させたのが、今では標準的な⽅法となっている、1⾯に切り溝(背割れ)を⼊れる⼯法です。しかしそれでも限界がありました。それは背割れ部分の膨張(⼤きく開いてしまうこと)です。この⽋点を解決し、進化したのが『NON-TWIST ⼯法』なのです。

従来の⼯法では、収縮による負荷が1ヶ所に集まり、⼤きく開くことで周辺部材を歪ませ、壁を割れさせたり、躯体の補助⾦具の保持を困難にさせたりといった影響を及ぼしていました。
しかし、NON-TWIST ⼯法では4⾯に浅く溝を⼊れることで負荷を分散し、変形させないようにしています。曲げ強度は従来工法より20%向上。方向による強度変化もなく、使用する部位によって影響されずに幅広く使用することができます。

NON-TWIST(四⾯背割り)⼯法

「高性能」で「かっこいい」家づくりのために

#