敷地の立地条件を逆手に取り、外観の主張と室内の心地よさを実現した家[尾張旭市] – 実績ギャラリー | 注文住宅実績ギャラリー|注文住宅を名古屋・愛知で。欧倫ホーム

実績ギャラリーGallery

敷地の立地条件を逆手に取り、外観の主張と室内の心地よさを実現した家[尾張旭市]

COMMENT
宅地開発地の最奥にあり、T 字状の前面道路が敷地の一部に接続する形となった立地。 一見すると、周囲を住宅に囲われ、光を呼び込むにはハードルの高そうな敷地条件に対し、 間取りとしては、8 帖の中庭を囲むコの字型の4LDKを提案。この中庭の配置が住宅の大きなコンセプトになっている。中庭に面したLDKには吹抜けと大きな開口部を採り、ふんだんに光を取り込む。 南側から直接採光を取るという提案ではなく、東面に設けられた中庭、そこに連なる吹抜けを最大限機能させ、どの時間帯でも明るい室内を実現した。 そして快適性を高める要素である収納面も配慮し、キッチン脇に広めのパントリー、シューズクローク、居室用の納戸など、多目的且つ大容量の 収納空間も持っている。LDKにおける家族の団欒を最優先し、素材のグレード感や質感の良さにもこだわった。 外観は、奥まった立地であることを逆手に取り、一部しか見えない建物の側面で最大限主張。 ふんだんに天然石をあしらった手前側面は、そびえ立つ塔をイメージしている。
DATA

こちらの実例もオススメ

こちらの実例もオススメ

#