家つくブログSpecial

冬の明治村

愛知県在住の方にはお馴染みの「博物館明治村」へ行ってきました。

テーマパークとしては日本第3位の敷地面積があり、期間限定で開催されている謎解きイベントに参加すると、点在している施設・建物を何か所も巡って歩き回ることになるので結構ないい運動になります。

その謎解きイベントには難易度が設定されていて、最難関コースともなると1回の来場では解くことができない場合も多いので、私たち家族は年間パスポート(明治村住民登録)を購入しています。(2回行けば元が取れるというお得さ!)

お子様連れでも楽しめるコースもありますよ!

 

この明治村の顔とも言えるのが「帝国ホテル中央玄関」です。期間限定で夜間のみイルミネーションが点灯する時期もあります。

 

 

180202staff1

 

180202staff2

 

180202staff3

 

 

 

実は1923年(大正12年)竣工なので、明治村にあるのはおかしいのですがそこはまあ置いておいて・・・設計は建築業界以外にも名の知れた近代建築三大巨匠の一人、フランク・ロイド・ライトです。

1964年に取り壊しが発表されると、関東大震災と東京大空襲にも耐えたこの建物の存続運同が起こり、佐藤栄作首相の提案もあって明治村への移築が決まりました。

 

中央玄関内の全ての空間は3階までの吹き抜けの廻りに展開していて、その個々の空間の床の高さ・天井の高さがそれぞれに異なる設計になっているので、大階段や左右の廻り階段を昇るごとに圧倒されるような劇的な視界が開かれます。

 

 

180202staff4

 

 

特に吹き抜けの「光の籠柱」と大谷石の柱が素晴らしいんですよね。

 

 

180202staff5

 

 

この帝国ホテル中央玄関以外にも素晴らしい建築が満載の明治村、季節ごとの景色も楽しめます。

皆様も何度も訪れて楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

カスタマーセンター 羽根田

 

 

2018.02.02スタッフブログ

#