家つくブログSpecial

森林浴

森林浴1

 

 

秋も深まってきましたね。

先日友人家族と岐阜県は中津川へ箸作り体験に行ってきました。

体験場のある加子母地区は旧恵那郡加子母村で、

地域面積の93パーセント(!)を占める山林では伊勢神宮の式年遷宮御用材をはじめ

法隆寺・金閣寺・銀閣寺などの歴史的建造物の修復用材、近くは名古屋城本丸御殿の

復元などに使われる“東濃ひのき”が育ちます。

箸つくりはその東濃ひのきを利用して行われます。

 

新聞紙をひいた机が小洒落てなくて懐かしく、好ましかったです。

これからみんなで工作するぞ!という気持ちになりました。

まず箸の原型をもらえますので、それをサンドペーパーで手になじむように面取りしていきます。

これにまず皆夢中になってしまいました。

東濃ひのきの特徴として材質はピンクで艶があり香りが高いことがあるそうですが

木の香りがいっぱい漂う店内での作業はちょっとした森林浴のようでした。

そして好きな模様に色づけをします。

その後、仕上げ作業はお店の方が行って自宅へ郵送してもらえます。

このブログが掲載される頃には手元に届いているかと思います。

 

欧倫ホームも現場見学会を開催致しますが、新しい家は

木の香りがいっぱいで森林浴のようです。ぜひ御体験下さい。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

管理部 摺木

  

 

2017.11.07スタッフブログ

#