家つくブログSpecial

Happy Wedding

営業部の新美です。

 

先日、妹の結婚式の為オーストラリアに行ってきました。

そうです、今回の『行ってきた』は海外です。

 

 

オーストラリアの北部のケアンズという街で、両家の家族だけのささやかな式でした。

妹とは8つ歳が離れていて、実家を出てから久しぶりにゆっくり話したので、なんだかこそばゆい感覚もあったのですが、

新郎も優しそうな方で、妹の幸せそうな笑顔を見て、素敵な家庭を築いていってほしいなと思いました。

 

 

Happy Wedding1

 

ケアンズのホテルに併設された、小さなチャペル

 

その後、両家の交流で一緒にツアーに参加したりしたのですが、1日フリーの日があったので、レンタカーを借りてドライブに行ってきました。

ケアンズは中心街を少し離れると、『世界の車窓から』で有名なキュランダ村の高原列車や、グレートバリアリーフで有名な珊瑚礁の海など、

大自然に囲まれた街です。当然、食べ物も美味しいです。

今回は近くのビーチまでドライブしてきました。

ビーチ沿いにすぐ道路があるのですが、これがまた気持ちいい。堤防が無いので、景色が抜群に良かったです。

 

 

Happy Wedding2

 

サメ注意・ワニ注意といった見慣れない看板もありました

 

そして、帰り道住宅街を抜けたのですが、やはり仕事柄建物を見てしまいます。

目立ったのは、ガレージ付きの平屋住宅・高床式住宅のどちらかの作りが非常に多かった事です。

ガレージ付きの平屋は、欧米の映画に出てくるような芝生のお庭が付いた建物です。郊外の敷地の広い家に多く見られました。

 

 

Happy Wedding3

 

お客様からも、こんな家にしたいと言われたりします

 

それに対して高床式の住宅は、市街地をはじめ、いたる所で見かけます。

聞くところによると、洪水の対策と熱対策とのことです。

ケアンズは年間を通して温暖な気候の為、床下に風を通して熱がこもらないようにしているのだそうです。

 

 

Happy Wedding4

 

床下部分はガレージや物置になっています

 

その土地の風土に合った住宅っていいですね。

四季のある日本で、高温多湿な夏や、雪の降る乾燥した冬を過ごすための、日本の建築も私は好きです。

 

違う文化に触れて心もお腹も少し成長して、帰国後は、溜まった仕事を整理しながら、

お客様との家づくりを更に楽しめるよう心躍らせる新美でした。

 

 

営業部 新美

 

2017.09.21スタッフブログ

#