家つくブログSpecial

再配達の手間がなくなる?!「宅配ボックス」

 

仕事や出先から自宅に帰ったとき、ポストの中に宅配業者からの不在票を見つけて電話で再配達を依頼する…こんなことが日常茶飯事な方もいらっしゃるのではないでしょうか?

近年、Amazonや楽天市場といったインターネット通販の急速な発展もあり、自宅で荷物を受け取る機会が増えています。同時に、核家族化や共働き世帯の増加より、配達時に留守の家庭が多く、「宅配便の再配達の増加」は社会問題にもなっています。

 

荷物の配達時間に家にいられない方や、通販をよく利用される方に便利なものが「宅配ボックス」です。

マンションのエントランスなどに設置されていることが多いので、存在をご存じの方もいるかもしれません。近年では、マンションだけでなく戸建てでも設置できる宅配ボックスも増えてきています。

そこで今回は、最新の戸建て宅配ボックス事情を実際の施工例と共にご紹介しましょう。

 

 

宅配ボックスのメリットは、やはり時間指定がなくても確実に荷物を受け取ることができること。せっかくの休みの日に、荷物がいつ届くかわからないから出かけられない!なんてことはなくなり、配達時間を気にすることなく出かけることができます。また外出時だけでなく、入浴中や料理中、電話中など、在宅していてもどうしても手が離せないときにも、宅配ボックスは役に立ちます。

 

戸建用の宅配ボックスの中でも特に人気が高いのが、パナソニックの「COMBO(コンボ)」シリーズです。

 

 

再配達の手間がなくなる?!「宅配ボックス」2

(パナソニックホームページより)

 

シンプルながらも高級感ある外観が特徴なこの宅配ボックスは、荷物を受け取るだけでなく、扉を閉めると受領印が押せる捺印機能も搭載しています。

書籍やCDなどの小型なものが入るコンパクトタイプから、一辺が30センチ以上のサイズの段ボールが入るミドルタイプのものまでラインナップも豊富です。

 

これらの宅配ボックスは、後付で玄関前に設置することもできますが、やはり気になるのがデザイン性。玄関前にドン!と置くと、どうしても目立ってしまいます。

一番良いのは、家を設計するタイミングで宅配ボックスの設置場所を考えることです。

 

 

再配達の手間がなくなる?!「宅配ボックス」3

 

 

コチラは欧倫ホームで施工したシンプルでスタイリッシュな家の玄関ですが、実はしっかり宅配ボックスが設置されています。

場所はコチラ!

なんと壁面に埋め込んでいるのですね。こうすることでスタイリッシュな外観を損なわない、スマートな宅配ボックスとなっています。

 

 

再配達の手間がなくなる?!「宅配ボックス」1

 

 

便利な宅配ボックスは、いまや分譲マンションだけの特権ではないことが分かっていただけたかと思います。

実際にパナソニックはモニター調査を行っており、共働き日本一の福井県の戸建て家庭に宅配ボックスを設置した際、なんと再配達率が49%から8%にまで減少したのだとか。そして98%の世帯が宅配ボックスに満足したとの結果が出ており、忙しい共働き世帯にとっても便利なものであることが分かりますね。

 

今回はいつもの「土地から始める家づくり」とは少し違った視点でしたが、家を建てるにあたって知っておくと便利な情報をご紹介させていただきました。

時代が変われば家も変わるもの。荷物の受取に悩んでいる方は、ぜひ家を建てる前の段階で検討してみてくださいね。

 

 

 

#