家つくブログSpecial

地盤改良ってどんなことをするの?

地盤改良ってどんなことをするの?

 

 

地震をはじめ、自然災害の多い日本。

せっかく建てた夢のマイホームが、「土地の地盤が緩いせいで傾いてしまった!」なんてことがあってはなりません。

そうならないためには、地盤のしっかりした土地に丈夫な建物を建てることが一番ですが、自分が欲しい土地の地盤が強いかどうかは、簡単にわかるものではないのです。

「地盤調査」や「地盤改良」という言葉は、土地を購入し家を建てようとしている皆さまなら一度は聞いたことがある言葉だと思います。しかし、実際にどのような調査・施行をしているのでしょうか。

 

今回は、地盤調査や地盤改良につていて分かりやすくご紹介いたしましょう。

 

地盤調査とは?

地盤調査とは、住宅建築の際に、地盤が建物を安全に支えられるかどうか、もし支えられない場合は、どうしたら安全に支えることができるようになるかを調べる調査のことを言います。

地盤調査の中でも、現在主流の調査法は「スウェーデン式サウンディング試験」です。これは、先端がキリのようになっているスクリューポイントを取り付けたロットに荷重をかけ地面にねじ込む方法で、どれだけの回転数でどれくらい沈んでいくかを測定することができます。作業スペースも取らず、比較的安価な調査方法と言えます。

他にも、起振機によって地面に人工的な振動を与え、その振動の伝わりやすさを検知器で検知する「表面波深査法」や、ビルなどの大きな建物を建てる時に行われる「ボーリング調査法」などがあります。

最も一般的な「スウェーデン式サウンディング試験」の場合、費用は35万円程。マイホームを手に入れる費用の中では非常にわずかな費用で一生の安全と安心が買えますので、必ず行うべき調査と言えるでしょう。

 

地盤改良の内容は?

地盤調査の結果、「改良の必要がある」と指摘された場合、その地盤の状態に合った地盤改良を行います。

地盤改良の工法にもいくつも種類があり、調査で判明した地盤の地耐力や地質はもちろん、建てる建物の重量や大きさなどによって、適する工法が異なります。

もっとも工事費用が安価な改良工法は「表層改良工法」で、元々の地盤の土にセメントの固形剤を混ぜ合わせ、機械で転圧することで地盤を強固にしていきます。名前の通り表層だけを改良する工法で、軟弱地盤が地表から2メートル以内の場合のみ施工ができます。

軟弱地盤が2メートル以上深く続いている場合、「柱状改良工法」を行います。これは、土の中にセメント固形剤を流し込み、コンクリートの柱を造り地盤を強固にする工法です。小型の重機でも施工でき、騒音や振動も少ないので多くの地盤で施行することが可能です。

しかし、この柱状改良工法の対応地盤は8メートルまで。軟弱地盤が8メートルよりも深い場合には、「鋼管杭工法」を行う必要があります。これは深度30メートルまで施行が可能な工法で、強固地盤に鋼製の杭を打ち込んで改良する方法です。

 

 

このように、地盤の調査・改良には様々な方法があり、もし軟弱地盤であったとしても適正な改良工事を施すことで、安心・安全な地盤が手に入ることがお分かりいただけたかと思います。

土地を購入した後で地盤調査をして、実は軟弱な地盤だった!と判明することもあるでしょう。「付近の土地の地盤は強固だったからきっと大丈夫」と思っていても、自分の土地だけ軟弱だった…なんてよくある話なのです。

 

ついつい交通アクセスや環境ばかりが先行してしまう土地探しですが、「マイホームを支える土台」であることを忘れてはいけません。

何十年というローンや大切な貯金を使って建てるからこそ、事前に地盤改良をしっかり行うことで、長い間安全で快適に暮らせるマイホームを手に入れることができるのです。

また、改良が必要かどうかは分からなくても、事前に地盤改良のためのお金を予算に組み込んでおくと安心ですよ。

 

 

#