家つくブログSpecial

保留地(区画整理地)とはどんな土地か

 

170714land1

 

 

土地を探すにあたって最も一般的な方法は、インターネットの不動産サイトや折込チラシを見て探す方法でしょう。

しかし実は、不動産屋さんでは販売されていない宅地があることをご存知ですか?

しかもそれらは、訳ありの土地なわけではありません。

むしろ住環境が良く、公園や道路がしっかりと整備されているような土地です。整形地であることも多いでしょう。

このような土地を「保留地」と言います。

 

今回はこの保留地について、分かりやすく説明していきましょう。

 

保留地とは、「土地区画整理事業」により整理された、売却用の土地のことを言います。

元々土地基盤が未発達であった市街地を、より健全で住みやすい市街地にするために、道路や公園、河川等の公共施設を整備し、土地の区画を整えることが土地区画整理事業です。

そのために、地域内の元々の土地所有者たちが少しずつ土地を提供することを「減歩」といいますが、この減歩により新しく生み出された土地が、「公共用地」と、「売却用土地」へと分けられ、整理されます。

昔ながらの曲がりくねった狭い道が道幅の広いまっすぐの道路に生まれ変わったり、新たな公園を整備するための土地が公共用地です。そしてもうひとつの売却用土地が、一般的に保留地と呼ばれ販売される住宅用の土地なのです。

だからこそ土地区画整理事業の行われている地域は、公共施設の整った、住みやすい綺麗な街と言われているのですね。

 

 

それでは、このような保留地はどこで購入できるのでしょうか?

 

通常、一般的な土地は不動産業者から購入しますが、保留地の場合は、直接土地区画整理組合から購入します。

土地区画整理組合は、商売をすることがメイン事業ではないため、比較的、土地の一般相場より安く販売している傾向があります。これも、保留地を購入する大きなメリットと言えるでしょう。また仲介業者を挟まず直接組合から購入するため、仲介手数料がかからないところも嬉しいポイントですね。

また保留地の購入時点では、登記費用がかからないといったメリットもあります。保留地は区画整理事業が一段落して「換地」が行われるまで土地の登記簿がありません。そのため登記は換地後となり、購入時に支払う諸費用が少し安くなります。しかし数年後には必ず登記が必要になりますので、登記費用を準備しておくことは忘れないでくださいね。

 

このようにメリットの多い保留地ですが、メリットがある以上デメリットも存在します。

換地が行われるまで土地の登記ができず、購入時登記費用がかからないことをお話しましたが、このことから、金融機関はその土地を担保にすることができません。つまり、通常の住宅ローンが制限される可能性があります。

しかし、地域の金融機関などで「保留地ローン」を取り扱っている場合は、借りることはできます。しかしどこでも借りられるわけではないので、借りたい金融機関が決まっている場合は事前に確認が必要です。

また、価格が安く住環境が良い保留地だからこそ、人気のエリアでは当然購入希望者がたくさん集まります。そうすると抽選になることも多く、土地によっては50倍以上の倍率になることもあるのだとか。必ず購入できるわけではないということは踏まえておきましょう。

 

しかし、希望のエリアに保留地の販売があれば、検討する価値は十分にあると考えられます。新しい家々が立ち並ぶ美しい街並みは、しっかり計画された上で作られた土地区画整理だからこそ。

土地探しの選択肢のひとつに、加えてみてはいかがでしょうか。

 

 

2017年現在、保留地を販売している愛知県内の区画整理組合】

・上志段味特定土地区画整理組合(名古屋市守山区)

・茶屋新田土地区画整理組合 アクアヴェルデ南陽(名古屋市港区)

・尾張旭北原山土地区画整理組合(尾張旭市)

・瀬戸塩草土地区画整理組合(瀬戸市)

・常滑多屋土地区画整理組合 虹の丘(常滑市)

・名古屋市明願土地区画整理組合(名古屋市緑区)

・西尾平坂東部土地区画整理組合(西尾市)

 

 

#