家つくブログSpecial

建築条件付き宅地とは

170624land1

 

土地を探していて、「建築条件付き」という言葉が書かれた土地広告をたくさん見かけることありませんか?

この建築条件付き土地とは、一定期間内に、指定された建築会社(ハウスメーカーなど)で家を建てることを条件とした土地のことです。

特定のハウスメーカーが決まっておらず、立地重視の土地探しをしている方には、十分選択肢のひとつに入るでしょう。

 

今回は建築条件付き土地について、分かりやすくご説明していきましょう。

 

建築条件付き土地は、土地売買契約後の一定期間内(3ヵ月程度)に建物の建築請負契約を締結することが購入の条件となっています。この期間内に建築請負契約が締結しなかった場合、土地の売買契約は白紙解除となります。

これが建築条件の付いていない土地との大きな違いでしょう。

この、およそ3ヵ月の猶予期間は、これから建築する建物に関する打ち合わせ期間となります。土地の契約後、3ヵ月程の詳細な建築打ち合わせを経て、建築工事請負契約へと進むのですね。

 

建築条件付きの土地の購入を考えるときに、必ず確認すべきことがあります。

それは、

「自分の希望する家が建てられるかどうか」

ということです。

 

建築条件付き土地は、あらかじめ建設プランが決まっている場合があります。建築会社によってはこのプランから大きく変更ができなかったり、間取りや設備の変更も制約が多く、思い通りにいかないこともあります。

また、当然ながら指定された建築会社が取り扱っていない工法や構造は選ぶことができません。どうしても鉄骨住宅がいい!という場合は、木造住宅のみを手がける建築会社が指定されている場合、建てることができませんね。

このように、建築会社によって設計の中身は大きく異なります。参考のプランとは大きく異なる仕様を希望する場合は、自分たちの希望通りの家が予算内で建てられるかどうか、どこまで自由設計が可能なのかを、土地の売買契約前にしっかり確認することが重要です。

この点をクリアできれば、土地と建物を別々に購入する注文住宅よりも資金計画は立てやすく、スムーズに家づくりを進めることができるでしょう。

 

 

しかし、「土地はとってもいいけれど、どうしても建てたいハウスメーカーがすでに決まっている」という場合はどうでしょうか。きっとほとんどの人が建築条件付きの土地は諦めてしまうと思います。

でも、気に入った土地というのはそう簡単に出てくるものではないので、すぐに諦めてしまうのは勿体ないですね。

実は建築条件付き土地は、交渉次第で建築条件を外せることもあります。

しかしこれには法的な条件があるわけではなく、すべて交渉次第。タイミングや運の部分も大きいでしょう。どうしても気になる土地であれば、土地価格の上乗せなどを条件に、ダメ元で交渉してみるのもひとつの手かもしれません。

 

 

#