家つくブログSpecial

土地の購入にあたって必要な費用

170403land

 

家は一生のうちで最も高い買い物であると言われています。だからこそ夢のマイホームを建てるために、貯金に励んでいる方も多いことでしょう。

 

あまり知られていない話ですが、土地の購入時に支払う費用は、決して土地代だけではありません。

実は、「諸費用」とも呼ばれる土地代以外のお金も必要で、その中には現金一括で支払わなければいけないものもたくさんあるのです。

いざ購入!という段階でお金が足りず、理想の土地を逃してしまうこんな悔しいことはありません。

家づくりを成功させるための第一歩は、上手な資金計画なのです。

 

今回は、希望の土地が現れた時にスムーズに購入にすすめるよう、土地の購入時に必要なお金について、ひとつずつ分かりやすくご説明しましょう。

 

 

手付金…土地代金の10%程度

土地購入の売買契約時には土地代金の10%ほどの手付金が必要となります。1,000万円の土地であれば手付金は100万円と非常に大きな額となりますが、こちらは土地代金の一部として先に支払うもので、別途諸費用としてお金が発生する訳ではありませんので安心してくださいね。

とは言え、この手付金は現金で支払う必要があります。住宅ローンを利用する場合でも手付金の10%は現金と決まっていますので、土地代すべてをローンで支払うことは無理と考えておくべきでしょう。

ちなみに、手付金を支払った後に買い主の都合で契約を破棄した場合は、返金が不可能です。手付金は「この土地を絶対に買うぞ!」という時に支払うものだと心得ておきましょう。

 

印紙税…10,000円〜20,000円程

売買契約時には印紙税が課税されます。

土地代金が1,000万〜5,000万円以下の場合は、税率は10,000円。

また、この印紙税は住宅ローンの契約時にも課税され、借入額が1,000万〜5,000万円以下の場合は20,000円となります。

 

 

仲介手数料…土地価格×3.24%+64,800円

土地を購入する際に、最も大きなウエイトを占めるのがこの仲介手数料です。

不動産会社を通して購入する場合に必要な項目で、消費税率8%の場合、税込で「(土地代金×3.24%+64,800円)」となります。

つまり1,000万円の土地であれば、338,800円、2,000万円の場合は712,800円が仲介手数料の上限額となります。ほとんどの不動産屋は上限を設定しており、こちらも現金で用意しておく必要があります。

 

 

登記費用…登録免除税+司法書士報酬

土地を購入すると、その土地はあなたのものになります。とてもうれしいことですが、これを法的に証明するための「登記」が必要となります。

この、土地の所有者の名義を変更するための手続きのことを「所有権移転登記」と言います。他にも、住宅ローンを使って土地を購入する場合、土地を銀行の担保に入れるために「抵当権設定登記」が必要になります。

通常この2つの登記は手続きが難しいため、一般的には司法書士にお願いすることになります。金額は土地の評価額や司法書士報酬によっても異なりますが、およそ20万〜30万円が相場となっています。

 

 

住宅ローンの借入費用…金融機関による

土地を住宅ローンで購入する場合、住宅ローン借入費用も支払う必要があります。金融機関によっても異なりますが、事務手数料、保証料などがこれに当たります。中でも「保証料」は、ほとんどの金融機関で保証会社による保証がセットとなっており、借入額によってはこの保証料が100万円を超えることもあり得ます。金額は金融機関や借入期間、審査によってそれぞれ異なるため一律には算出できませんが、こちらも基本的には現金で支払うものですので、準備しておくと安心でしょう。

また、金融機関によっては保証料を金利に上乗せして、住宅ローンの返済と一緒に支払うこともできます。この場合、0.2%ほどの上乗せであることが一般的。しかし、保証料一括払いと金利上乗せの後払いとでは、計算してみると一括払いのほうがおトクな場合が多いので、しっかり計算してから選択するのが良いでしょう。

また最近は、保証料を支払わなくても借りられる金融機関も増えてきています。おトクのように思えますが、よくよく調べてみると保証料がかからない変わりに事務手数料が高額になっている場合もあるので、目の前の金額に惑わされず、トータル金額で確認することが大切です。

 

 

このように、土地を購入する時は提示された土地代金以外にも必要なお金が存在することが分かっていただけたと思います。

住宅ローンを利用しようと考えている方でも、

「手付金」、「印紙税」、「仲介手数料」、「登記費用」、「住宅ローン事務手数料」などはすべて現金で支払わなければいけません。

土地購入の際に必要な諸費用はおよそ5%と言われています。1,000万円の土地であれば50万円以上。手付金も含めれば15…150万以上は現金で必要となってくるでしょう。

 

備えあれば憂いなし!

いざ希望の土地が見つかった時に「資金不足で買えない〜!!」なんてことが絶対にないよう、今のうちにしっかりと資金計画を立てておくとスマートですね。

 

#