家つくブログSpecial

2017年「買って住みたい街ランキング中部圏版」発表!

170311land1

 

「夢のマイホームを建てるぞ!」と決意される方のほとんどが、その地域に長い間定住することを想定して、土地を購入されます。間取りやデザイン、性能などたくさんのこだわりを現実にできるのが注文住宅のメリットですが、理想のマイホームを手に入れるためには建物だけでなく、土地のある街の環境もとても重要な要素となってきます。

最近の中部地方は、商業施設や住宅、道路交通網などの大規模開発が行われた地域も多く、街の住環境や利便性が大きく変化しています。

そこで今回は、大手不動産サイト「HOME’S」が毎年この時期に発表している「買って住みたい街ランキング」中部圏版の最新情報をお伝えしましょう!

 

2017年中部圏 買って住みたい街ランキング (内は、エリア/主要鉄道)

 

1位  上社(名古屋市名東区/名古屋市営東山線)

2位  丸の内(名古屋市中区/名古屋市営鶴舞線ほか)

3位  藤が丘(名古屋市名東区/名古屋市営東山線ほか)

4位  中村区役所(中村区/名古屋市営桜通線)

5位  岡崎(岡崎市/JR東海道本線ほか)

6位  尾張一宮(一宮市/JR東海道本線)

7位  鶴舞(名古屋市中区/名古屋市営鶴舞線ほか)

8位  桜山(名古屋市瑞穂区/名古屋市営桜通線)

9位  東岡崎(岡崎市/名鉄名古屋本線)

10位  星ヶ丘(名古屋市千種区/名古屋市営東山線)

11位  新栄町(名古屋市東区/名古屋市営東山線)

12位  伏見(名古屋市中区/名古屋市営東山線ほか)

13位  岐阜(岐阜市/JR東海道本線ほか)

14位  春日井(春日井市/JR中央線)

15位  相生山(名古屋市緑区/名古屋市営桜通線)

16位  川名(名古屋市昭和区/名古屋市営鶴舞線)

17位  大須観音(名古屋市中区/名古屋市営鶴舞線)

18位  今池(名古屋市千種区/名古屋市営東山線ほか)

19位  上前津(名古屋市中区/名古屋市営名城線ほか)

20位  江南(江南市/名鉄犬山線)

 

このランキング結果は、昨年1年間に不動産・住宅情報サイト「HOME’S」に掲載された購入物件のうち、問い合わせの多かった駅名をそれぞれ集計したものです。

1位と3位に位置する上社や藤が丘は、古くからある落ち着いた住宅街として人気のあるエリアです。特に藤が丘エリアは隣接する長久手市が生活圏に含まれるため、昨年オープンしたばかりの「イオンモール長久手」や、今年秋にオープン予定の「IKEA長久手」などの新しい大型ショッピング施設が近いことも人気のひとつと考えられます。

上位を見てみると2位の丸の内をはじめ、7位鶴舞、11位新栄町、12位伏見、18位今池など名古屋中心部の街も多くランクインしています。これらの地域は現在分譲マンションが多く供給されていることが人気の理由と言えるでしょう。

また10位に入った星ヶ丘は、名古屋市中心部からは少し離れている文教地区としても知られる高級住宅街です。星が丘テラスや三越、東山動物園なども徒歩圏にあり、特にファミリー層に根強い人気があります。

15位の相生山は、近年人口増加が激しい名古屋市緑区にあります。こちらも名古屋中心部からは離れていますが、桜通線を利用して名古屋駅にダイレクトアクセスが可能。また東海通りや国道302号線も近くに通っており、2011年には名古屋第二環状自動車道の「鳴海IC」も完成しています。地下鉄だけでなく車のアクセスも良いので、三河地区に通勤される方にもオススメです。

また5位岡崎、6位尾張一宮、9位東岡崎、13位岐阜、14位春日井、20位江南など名古屋市外の駅名も目立ちます。特に岡崎、尾張一宮、岐阜などは大きなターミナル駅で、長い間ベッドタウンとしても機能しているエリア。自然が多くのびのびと子どもを育てられる環境でありながら、ショッピング施設も充実しています。電車の便も良いので、名古屋中心部に行くにも便利なところなどが評価されているようですね。

 

 

今年はこのような結果となった、中部圏の買って住みたい街ランキング。皆さまの気になる街はありましたか?

ちなみに、他にも「借りて住みたい街」ランキングも発表されています。こちらには「買って住みたい街」とは異なる街がたくさん出てくるので、違いを比べてみるのもおもしろいかもしれません。
全体的に、家を賃貸ではなく購入で検討するのはファミリー層が多いからか、利便性だけでなく住環境の良さを重視したランキング結果になっていると感じます。

気になる街がありましたら、ぜひ足を運んで、自分の目で街の雰囲気を確かめてみてはいかがでしょう。

 

#