家つくブログSpecial

名古屋市緑区滝ノ水に新たな展示場がオープンします!

憧れのマイホームを建てる上で、「住宅展示場」は欠かせない存在です。どんな家を建てたいのか、どんなデザインが良いか、どんな間取りが向いているのか。実際に目で見て体感できるモデルハウスに行ってみると、百聞は一見に如かず。今まで頭の中でぼんやりとしか浮かばなかったマイホームのイメージが、固まってくるものです。

 

いよいよ来月、欧倫ホームの新たな期間限定展示場が名古屋市緑区滝ノ水にオープンします。

 

 

 

滝ノ水展示場モデルハウスのコンセプトは「アンティークモダン」。

アンティーク感のある素材を用いながらも、モダンにアレンジした内装とインテリア。外観はシックな白とグレーの外壁に、正面には黒のアルミ格子を設置。駐車スペースとの高低差を活かし、まるで建物の一部が空に浮いているようなデザインとなっています。

さらに建物の中は、20帖のLDKと10畳もの屋外デッキがひとつの空間のように感じられる、ゆったりとした広い設計が特徴です。

 

 takinomizu

 

この展示場がある「緑区滝ノ水」という地域は、ファミリー層に人気がある緑区の中でも近年人口増加が著しく、特に注目のエリアとして知られています。

閑静で治安の良い環境はもちろんのこと、スーパーや飲食店、オシャレなカフェなどの商業施設も充実。近隣の小中学校の評判も良く、人気の学区でもあるのです。

また、大きな公園もたくさんあるので子育て世帯には嬉しいポイントです。中でも、徒歩圏内にある「滝の水公園」は、小高い丘の上にある景色の良い公園で、天気の良い日には名港トリトンや名古屋駅の高層ビル群まで360度見渡すこともできます。

 

実はこちらの展示場、一定期間展示後は建売住宅としての販売も予定しています。滝ノ水周辺で土地や家を探してらっしゃる方は特に見逃せません!

 

 

ハウジングセンターなどの大きな住宅展示場では、多くの住宅を一度で見て回ることができるというメリットがある反面、全体的にどの建物も豪華で大きな「モデルハウス仕様」であることが多く、実際の生活が想像しにくいといった声もあります。しかし、こちらの滝ノ水住宅展示場のモデルハウスは将来的に一般販売を考えていることもあり、敷地面積はおよそ60坪、建築面積は34.26坪と実際に住むことを考えたリアルな設計です。入居後の生活が想像しやすく、理想のマイホームのイメージも広がることでしょう。

随所に建築家のこだわりがたくさん散りばめられたこちらの期間限定展示場。ぜひお気軽に訪れてみてくださいね。

 

 

 

******************** 

 

滝ノ水期間限定展示場詳細

プレオープン 2/25(土)・26(日)

グランドオープン 3/4(土)

住所:名古屋市緑区滝ノ水一丁目511-1

敷地面積:60.45坪

建物面積:34.26坪

 

土日祝日営業 10:00~18:00

(平日の見学を希望される方は052-872-1555までお問い合わせください)

駐車場:3台分

takinomizu_chizu

 

 

 

#